.

予測せず起こってしまうのが事故です。レモンもつ鍋

その場面でどう対処した結果が原因となり自動車の保険金の受け取り額も変わってくる状況もありますので間違えない決断と行動が必要です。千年酵素

予想外の出来事に動揺してしまえば必要な状況を見過ごしてしまい、この先あなたが大きな損をする場合も予測できるので自動車事故に遭遇してしまったケースは適切に以下に述べる判断を行いましょう。マカエンペラー

交通事故をしたケースで最も初めにするべき事は負傷した人がいるかどうかの確認です。

乗用車の事故後すぐは喪心状態になってしまう場合がありすぐには対応できないのが普通です。

怪我をした方がいたとしたら危険じゃない場所に運んで応急な手当を行い、119番通報するなどを行い人命救助の最優先に努めましょう。

救急車に連絡する場面では明確な事故の場所を告げて、不明な場合には周囲の目立つ建造物や交差点名を伝えて事故が起こった位置が分かるようにします。

その次に警察へ連絡し自動車の事故が発生したことさらに現在の状況を説明します。

救急車とパトカーの到着を待っている内に相手の内容を確かめます。

姓名、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、車のプレート事故の相手側の保険の会社名などなどお互いの情報を言います。

その時事故相手にミスがあるような状況では、事故現場で片付けようとする状況がよくありますが即刻片付けるのではなくどんな場合だとしても警察署や保険会社に知らせて、ジャッジしてもらいます。

お互いの内容を交換したら他の交通のさまたげにならないように妨げになる物道路の上からどかします。

もしも障害になる物が他の障害になっている状況なら、相手と自分の情報を交換するより優先してそれを行っても問題はないです。

次にあなたの入っている自動車の保険会社に連絡して事故があった事を知らせます。

自動車での事故から一定期間の時に車の保険会社に電話しておかないと、自動車保険の適用除外となるケースも考えられるのでなるべく早く電話をすることが必要です。

さらに事故の証拠になるようにデジタルカメラやスマホ等を用いて事故現場や車の破損の状態が分かる写真をを撮ります。

その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決める糸口とできるので、己の車や相手方の自動車の状態を正確に証拠に残しておくことが重要です。

この際に第三者がいたとしたらおまわりさんや自動車保険会社の人がやってくるまでその場にいてもらえるように頼むのも忘れてはいけません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.txertatuak.net All Rights Reserved.