.

FX(外国為替証拠金取引)の面白いところは単独の金融商品あるにもかかわらず資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の期間からどの期間をチョイスするのかで、資金を費やす方策が全然異なってくるということにあります。http://webmania.to

最初に外国貨幣への投入の「長期の投資」について見てみましょう。

長期の投資は一年以上の出資を想定しているのが通常です。

まず為替においては、一年以上も先々の為替の相場がは円高なのか、逆に円安かを考えるなんてことは多くの場合難問に近いです。

正直なところ、「そんなに後々の動向は予知できない」と思うのが一般的でしょう。

未知なものをなんとか推測しようとしたところでそれは無謀な行為です。

そういう訳で他国の貨幣を買ったとして、その買いレートよりも円が高くなったとしても、その差損分は待っていれば円安に戻るだろうという軽い感覚で取引に取り組むものです。

利益を何が何でも求めることに限らず、他の方法での儲け言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐというのを、一番最初の目標と決めてお金を預けましょう。

当然、少しの期間で為替の差損に損が膨らんでしまうことがあります。

ですからそのような為替差損があってもさほど困らないようレバレッジを少しでやり取りする心がけはポイントです。

FXは差損が決まった範囲よりも大きく拡大すると、追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったりそれともストップロスがかけられたりします。

損切りを置いたら即売り買いを終わりにしなければならず、長期投資がストップしてしまいます。

この手の危険から逃れるには、レバレッジ2?3倍ほどで売買するのが安心かと思います。

第二に中期のスタンスを狙った売り買いを考えてみましょう。

中期のケースでは、最大でも1?2ヶ月くらい後々を想定しての取引になります。

為替トレードの時は、だいたい1ヶ月後のことであればほとんどの場合、予測しやすいな場合が多いでしょう。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような世界的なミーティングや、為替のトレードで取引している人たちがいかなるポイントに興味を持っているかを調べればおおよそ見通しがきくと思います。

こんなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらなおチャートを参照することによって為替相場の動向をわかるようになり買いポジションか売りポジションかをジャッジするといいと思います。

基本的に、ファンダメンタルズとテクニックのどっちも良い状況でありもしくは買い傾向が一致している時は予想通りに動いていくと思って良いです。

そういった時は保有高を増やしておく事でさらに大きな利益を期待できると思います。

3つ目に短期の要点です。

ここでいう短期のスタンスが指しているのはつまりはデイトレーディングを示しています。

為替で日計り取引をする時は経済の状態は絶対に絡んでいないと言い切れます。

というのは翌日の為替のレートの動向に、経済の状況は影響しないからです。

ここでの最大のミソは目を引く事柄がある場合それにより為替のレートが大きく変化するタイミングを見逃さないようトレードしましょう。

例として、アメリカにおいて雇用の統計が発表される、それとも金融会議等により金利が変動するという出来事。

このようなタイミングに変わり目を見過ごさないといった意味から、短期のトレードは高度なデータが必要となる。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.txertatuak.net All Rights Reserved.