.

実際にノートパソコンの画面の前に座り止まることなく上下動している為替相場をご覧になっていると、直ちにエントリーをしなくてはいけない衝動に駆られる人も少なくありません。藍の青汁

しかし、はっきりしない勘で売買するのは、断じてしてはいけません。ソイスリム

確かに、外国為替市場は四六時中いずれかの国でマーケットが動いているし市場もどういう時でも、動いています。ラポマインサプリメント

しかし、だからといって何回もエントリーをするとその回数だけ損失を被る確率が高くなります。サンプルファン

当然、エントリーの回数を積み重ねる事でじょじょに儲けられる確率か五分五分に近づくのは事実です。デオシブEX

けれども「はっきりしない思いつきでエントリー」とは話が異なります。千年酵素

売買回数を増やす事の意味は、「ここで勝負」と思いついた勝算を得られた場面でのトレード回数を増やすという意味である。ペッツデポタウン

ただ何となく、休む間もなくトレードを積み重ねるのとは明確に違います。チアベリースリム

マーケットの戦いに臨むには、自分が深く考えて緩急をつけることこそが肝心です。まんぷくスリム

「ここだ!」とよく考えたマーケットの時には思い切って所持ポジションを買い増して徹底的に利益を追求する。

「ちょっと難解なマーケットで、どう変化するのか理解できないな」と思った時は、諦めて所持ポジションをひとつ残さず見切りをつけて黙っています。

それぐらいのリズムをつけた方が結果的には売り買いは成功します。

為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

まさにその通り。

相場とは、ポジションを保持する事が全部ではなく、どのポジションも持たないでじっとしていることも事態によっては相場です。

じゃあ、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述の通り、今の外国為替市場が曖昧で見通しがきかない時です今後上がるのか下がるのか決断できない時は思いつきで行動すると、自分自身で作った筋書きとは反対の方向に相場が動いてしまい損してしまいます。

こういった場面ではポジションを諦めそのまま何もぜずに静観しているのがいいだろう。

2番目に、あなたの体調が変なときです。

コンディションとマーケットに関係しないと思う方もいると思いますが実際には影響します。

体の具合がよくなければ為替相場の決断しなければいけない状況で正しい決断を下すことが難しくなります。

興味がわかない時は市場から目をそらす事も大事なことだ。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.txertatuak.net All Rights Reserved.