.

いよいよ開始する時という状況では、まずは事前調査を怠ってはならない。75-12-129

トレードを行う前であったら、出来事を冷静に調査する事が可能です。75-6-129

ところが、一回売買の内側に足を踏み入れると、何をしても見解が自己中心的になってしまいがちで、状況によっては冷静な判断を下せなくなる恐れが生じる。75-16-129

それゆえに己のメンタルが合理的な段階で適切に事前準備をしておくことが大事です。75-9-129

その”準備”とは、まずは自分の台本を書くことから行います。75-7-129

将来の市場はこうだから米ドルをエントリーするというような、自分の物語を描いていきます。75-14-129

次に時間足チャートをチェックしましょう。75-4-129

市場の上下動を見つめて、値段を調べます。75-17-129

そうしたら、「現時点では結構偏ったレベルになっているな」とか、もしくは「もはや大方の方々がエントリーしているからこの後慌てて買い(または売り)しても今となっては遅いな」ということが判断できます。75-5-129

もはやしかけるのが手遅れだなと考えたならば、仕かけないで、この場面ではすっぱりと割り切ることが不可欠です。75-18-129

どうあがいても自身の台本を貫いて吹っ切らずに新しく注文すると外国為替市場に押し返されてしまい、かえって損失を被ることになる危険性があります。

とは言ってもたいがいの場合では準備が整った自分自身のストーリー展開を描いていくと、エントリーがなすすべがないというケースにはなることはありません。

大方、本格的に為替相場が変動する前のはずです。

次に、とりあえずは自分自身が売り買いしようと検討している通貨の変化を、正確に調べる事が不可欠です。

ドル高になるはずだという脚本を描いたのであれば該当する通貨の上げ下げに注目する必要があります。

市場の上げ下げを注視し始めたばかりではまだまだその外貨は目立って上げ下げする雰囲気を見せず、上がったり下がったりわずかな上下動をしているだけでしょう。

だが、その上下動をきちんとチェックしているとあるところで着実にドル高の方向へと市場が動き始めてくる。

この場面でようやくドルのエントリーします。

これだけ緻密に準偏をやっておけば、その注文で勝てる確率は割合高まります。

Copyright (c) 2000 www.txertatuak.net All Rights Reserved.